アップル、LTE接続性を備えた新しいApple Watchシリーズ3を正式に発表!

数ヶ月の噂を経て、Appleは本日、正式にLTE接続をサポートする次世代のApple Watchを発表した。今回の発表は、本日のCFO Jeff Williamsの特別イベントで、Apple Watchユーザーの動画を共有しながら、ステージ上で発表されました。

新しいモデルはApple Watch Series 3と呼ばれています。

ティムクック氏は、アップルウォッチが今や世界のトップウォッチであり、かつてのリーダーであったロレックスを抜いていると宣伝しました。 Cook氏は顧客満足度が97%で、Apple Watchの前年同期比で50%の伸びを記録したといいます。

Williamsは、新しいWorkoutsアプリ、GymKitなどのwatchOS 4の機能を強調表示することから始めました。

Apple Watch Series 3は、iPhoneとは独立したApple Musicをサポートしているため、ユーザーは「手首から4000万曲を流す」ことができます。Apple Apple Watchは、iPhoneやサードパーティのアプリケーションと同じ携帯電話番号を持ちます。 iPhoneから独立して電話をかけることができます。

携帯電話に加えて、パフォーマンスを最大70%向上させた新しいデュアルプロセッサーがあります。 Siriはプロセッサのおかげで、Siriも話すことができます。これは注目すべきアップグレードです。 BluetoothとWiFiの電力効率が50%向上した新しいW2 Appleチップもあります。 SIM技術に関しては、Apple Apple Watch Series 3はスペースを節約するために電子SIMを使用しています。

ウィリアムズは、アップルウォッチシリーズ3は、シリーズ2モデルと同じサイズで、「2枚の紙」をバッククリスタルに追加したことを宣伝しています。

Apple Watch Series 3のWiFiは329ドルで始まり、LTEは399ドルで始まります。 9月15日の予約注文、9月22日の販売開始となります。