iOS 11 + iPhone X tidbits:Face IDインターフェイスと設定、カメラアプリの調整など

今週末もiOS 11 GMのリークが続く。新しいPortrait Lighting機能やiPhone Xの名前付けスキームなどの情報に続いて、開発者はFace ID、Cameraアプリなどの詳細を明らかにしました。

ここで最も興味深いのは、セットアッププロセス中のFace IDインターフェイスです。これまでのレポートでは、Face IDの仕組みについての詳細が説明されていましたが、今回はインターフェイスがさらにわかるようになっています。 Guilherme Rambo氏のTwitterでは、正方形の顔のデザインが認証プロセス中の顔の輪郭を見ることができます。顔が認識されると、境界線が点灯し、アニメーションがスマイルな顔に変換されます。

Twitterで共有されているビデオのプロセスは、Touch IDの設定中に表示される指紋の輪郭によく似たロック解除プロセスではなく、Face IDの初期設定プロセスに関係しています。

ランボーはFace IDの設定のスクリーンショットも共有しています。ここでは、iPhoneのロック解除、iTunesやApp Storeの購入、Safariの自動入力などの機能にFace IDを使用するオプションが表示されます。

ランボー氏は、iPhone Xのカメラインターフェイスも見ています。ここではたくさんの部分が異なるわけではありませんが、上部と下部の余分な黒い部分が「ノッチとホームインジケータに対応」することがわかります。

また、動画を読み込むときに新しい動作インジケータが表示されます。インジケータは上部にあるステータスバーに表示されます。これは前述したように、ノッチのお陰でiPhone X上で完全に再考されています。