iOS 11 GMから ‘iPhone 8’の機能を確認:ポートレート照明、トーントーンディスプレイ、改訂AirPod

火曜日のアップルの大きな発表の前に、’iPhone 8’と残りのラインナップについて分析するために、iOS 11 GMの掘り起こしが行われている。

最初に発見されたのは、iOS 11で搭載された壁紙と、LTE Apple Watchの最初の外観です。

最も興味深い新しい発見がありました。それがポートレート照明です。。この機能は、さまざまな照明効果をシミュレートして、深みを使ってdSLRのようなショットを作成するため、iPhoneのポートレートモードの効果を強化しているようです。

昨年ポートレートモードに似たベータ版で登場すると思われるPortrait Lightingは、Contour Light、Natural Light、Stage Light、Stage Light Mono、Studio Lightをサポートしています。このポートレートモードの強化は、撮影時にフラッシュに関連する可能性があります。

また、新しいビデオ録画の解像度とキャプチャスピードがあります。

240fpsで1080p HD 480fpsで1080p HDで480MB

24 fps(フィルムスタイル)で4Kの270 MB(HEVCフッタ)24 fpsで4Kの135 MB(フィルムスタイル)

60 fpsで4K(高解像度、よりスムーズ)(4G、60fpsで4K)(HEVCフッタ)

また、OLED iPhoneがiPad ProのラインナップのようなホワイトバランスのためのTrue Tone Displayを備えているという証拠を見つけています。新しい解像度については、このファームウェアに基づいて1125×2436が表示されます。

フェイスIDは、タッチID指紋認識機能を置き換える可能性のある顔認識機能であるPearl IDとして参照されているものの正式なマーケティング名として表示されます。フェイス ID機能を設定するためのビデオチュートリアルもあります。

HomePodファームウェアによって最初に流出された新しいスクリーンデザインは、ノッチをアイコンとして引き続き使用しています。

電源スイッチと音声スイッチを押してSOSモードを有効にする手順も説明しています

iOS 11ではAirPodの改訂版も参照しています。これはおそらくマイナーリビジョンであり、メジャーアップグレードではありません。

OLED iPhoneはフルスクリーンの経験と各アプリの一番下にある線で示されたダイナミックな領域をは、ホームボタンのコンセプトを完全に廃止することを示しています。

また、電源ボタン(サイドボタンとロックボタンと呼ばれる)がホームボタンなしで使用される方法についての手がかりもあります。たとえば、サイドボタンをダブルクリックすると、Apple Payカードが表示され、Apple Watchと同様に動作します。サイドボタンを押し続けてSiriを起動することもできます。

この新しいサイドボタン方式は、ダブルクリックとトリプルクリックの速度を調整したり、タイプをSiriにしたり、Face IDを使って "ディスプレイを暗くする前にあなたのiPhoneを見ているか確認したり、アンロック、またはアラートの量を減らすことができます。

新しいウォッチフェイスとDigital Crownを搭載したLTE Apple Watchも発見され、セルラーシグナルインジケータと「ノッチ」OLED iPhoneを搭載したコントロールセンターのwatchOSスクリーンショットがあります。