iOS 11のベータコードは「Apple Pay Cashカード」および本人確認義務?

0
441

WWDC 2017で発表されて以来、Appleのピアトゥピアペイメントサービスの詳細は乏しい。最新のiOS 11ベータ版には登場していないため、今年後半に公式発表が予定されています。

iHelp BRは、最終的なApple Pay Cashリリースで何が予想できるか、さらに詳細を明らかにした。 Apple Payフレームワークのコードリファレンスは、ユーザーが運転免許証や写真付きのIDを使用してサービスを認証する必要があるかもしれないという事実を指しています。

WWDC では、次のペイメントシステムで何を期待できるかをヒントをえますた。

私たちが克服したい1つの最終的なフロンティアがありました。それは、人から人への支払のためのアップルペイです。今は、iMessage Appとしてメッセージに統合されているので、簡単です。

トランスクリプトですぐにお金を送受信できます。

もちろん、送信するときは、Touch IDで安全に認証されます。 iMessageでお金を受け取った場合は、Apple Payのキャッシュカードに送られます。そしてそこから、友人や家族に送ることもできます。あなたが慈善団体であれば、小売店やウェブでApple Payの購入をすることができます。そしてもちろん、それを引き出し、銀行に入金することができます。そして、iOSデバイスとApple Watchでも利用できます。

ここで注目すべき点は、お互いにお金を送る前に、ユーザーが運転免許証や写真付きの身分証明書をアップロードして確認する必要があるということです。文字列の1つに「クレジットカードやデビットカードをウォレットに追加するときと同じシステムを使用して、恐らく「フレーム内に運転免許証や写真のIDを置く」と記載されています。確認に失敗すると、ユーザーは[メッセージ]から支払いを送信できなくなります。

店舗やアプリでもApple Pay Cashの残高を引き続き使用することができますが、メッセージでの支払いの送受信は、確認が完了するまで利用できません。

資金移動には本人確認義務があり、その対応ということでしょうか

Appleは、新しいApple TV、新しいiPhone、Apple Watchesとともに、来月のイベントでiOS 11をリリースする予定です。