Readdleは、Sparkメールアプリに役立つサードパーティを統合

0
201

人気のあるmacOSとiOSの開発者であるReaddleは本日、Sparkの電子メールアプリにサードパーティの独自の統合を導入すると発表しました。

ブログ投稿では、Denys Zhadanovのマーケティング担当副社長は次のように話しています。「私たちの受信トレイと私たちが使用するタスク管理ツールとの間で連携がありませんでしたが。もう違います。」

サポートされているサードパーティの統合には、Appleのリマインダ、Things、2Do、OmniFocus、Wunderlist、Todoist、Trello、Asana、Evernote、OneNote、Bearがあります。

Readdleは、この新しいSpark機能について以下に説明します:

サードパーティのサービスとの統合は、情報の過負荷を回避しながら受信トレイを制御するのに役立つ製品を作成するための1つのステップです。この強力なアップデートの背景にあるアイデアは、作業に集中してシームレスで簡単に作業できるようにすることです。

Readdleは、ユーザーが次の機能に基づいて新しい統合を歓迎すると考えています。

  • ワンクリック電子メールのエクスポート
  • 別のエクスポートオプションを選択する
  • 独自のリンクを使用してサードパーティのアプリからSparkのメールを開く
  • 各タスクの入力フィールドをカスタマイズする

Readdleによると、これらの新機能はMacで利用できるようになり、来月はiOS向けのSparkに登場する予定だと言います。 SparkはMac App Storeから無料でダウンロードできます。