HomePodファームウェアは、iPhone 8の画面レイアウト、ホームボタンなど外観を提供

0
443

アップル社が間違って公表したHomePodファームウェアは、明らかにiPhone 8向けのコードを複製しており、情報の確かさを証明している。先日、1080pで240fpsの超スローモーションビデオキャプチャをサポートする可能性があることが分かりました。

今日、Steve Troughton-Smithはバーチャルホームボタンのコードを掘り下げています。

つぶやきで、彼は、ホームボタンがスクリーン上でサイズ変更され、隠すことができることをコードで明らかにした。

以前のKGIの報告では、ディスプレイの底部がMacBook Proのタッチバーの線に沿った「機能」領域に限定される可能性があることが示唆されていました。このコードでは、下のタブバーやステータスバーを使用するアプリがホームボタンの上に表示されることは明らかですが、質問には確実に答えられていません。ホームボタンの周りの領域がアプリの使用ではなくシステム機能のために予約されている可能性があることを示しがちです。

ホームボタンの色を変更するAPIの兆候はないので、すべての背景色との良好なコントラストを保証する方法で表示する必要があります。

次のつぶやきで、Troughton-Smithは、曲線のコーナーの高さと幅を提供し、デザイナーのOliver Charavelがスクリーンのモックアップを作成できるようにしました。ノッチの周りに表示されている情報は単なる例示であり、Appleが何を表示するかはまだ分かりません。