FacebookがAndroidベースのビデオチャットデバイスを開発中

0
388

昨年、Facebookは新しいハードウェアグループを率いるために、Googleの先端技術とプロジェクトの責任者であるRegina Duganをヘッドハンティングしました。 また、ビデオチャットデバイスの開発を示した、新しいレポートが登場し、Building 8の最初の製品が注目を集めています。

Building 8は本質的にFacebook内でATAPを再現しています。以前の報告では、拡張現実から脳スキャン技術まであらゆるものに取り組んでいることが分かりました。

このグループの最初の製品は、広角レンズ、マイク、スピーカーを備えた13インチから15インチの大型タッチスクリーンを備えたビデオチャット装置になると思われます。ブルームバーグは、独自のオペレーティングシステムを構築する代わりに、FacebookがAndroidの使用を検討していると述べています。

ビデオチャット装置は、Mark Zuckerberg氏の接続性への要求に沿って製品が進み、「数百ドル」のコストがかかります。

「パフォーマンスを向上させるためには、人工知能が大幅に活用されるでしょう。 1つの機能は、カメラが自動的に部屋をスキャンして人の顔に固定することです。このデバイスには、今後も360度カメラアクセサリが搭載されている可能性があります。」

このビデオチャット装置はFacebookボイスアシスタントも実行します。一方、アシスタントを実行するよりスマートなスピーカーが開発中です。

このスピーカーは、Appleのプレミアムホームポッドよりも、GoogleホームやAmazon Echoと競合する可能性があります。しかし、Facebookはビデオチャットデバイスを優先し、スピーカーを放棄する可能性もあります。

これらのデバイスは、来年の春、FacebookのF8開発者会議でお披露目するかもしれません。