ファームウェアからHomePodのディスプレイ仕様とRAMの詳細流出⁈

Appleが先週の金曜日にHomePodのファームウェアを提供開始して以来、開発者はiPhone 8の詳細を確認しながら、HomePodのスペックを発見している。今日、HomePodのRAMとディスプレイに関するいくつかのことを発見しました。

開発者のSteve Troughton-Smith氏は先週、HomePodが完全なiOSスタックを実行し、SoundBoardというシェルアプリケーションを使用することを発表しました。また、ディスプレイ/タッチ面に関する詳細についても触れています。「HomePod表面の中心部分は、大きなLEDだけでなく、形状やシンボルを表示できるLEDマトリックスであるように見えます。

今日、Troughton-SmithはHomePodのディスプレイが272 x 340で登場し、スマートスピーカーは1GBのRAMを搭載していることに気づいきました。Appleのハードウェアとソフトウェアの最適化に加えて、HomePodの限られた機能セットには十分なスペックかもしれません。

HomePodの12月のリリースからまだ約4か月間はかかりますが、開発者がファームウェアを掘り下げていく中で、プレミアムスマートスピーカーの詳細が引き続き流出してくるかもしれません。