アップル、次世代5Gのテストで、FCCライセンスを正式に受領

Appleは最近、5GワイヤレスブロードバンドをテストするためにFCCから正式な承認を受けています。同社は、カリフォルニア州ミルピタスのオフィス(DSLレポート経由)近くの2か所で、ミリ波技術をテストするための実験的ライセンスの許諾を得ました。

Appleは、FCCが昨年、商業用5Gで最初に認可した28GHzと39GHzのバンドを使ってテストしています。

「Apple Inc.は、このスペクトルを使用して基地局の送信機と受信機の間のダイレクトパスとマルチパス環境でのセルラーリンク性能を評価しようとしています。

これらの評価は、無線通信事業者の将来の5Gネットワーク上のデバイスの動作に関連するエンジニアリングデータを提供するでしょう」と同社は付け加えた。

Appleの次世代5Gテストは今年初めに報告されましたが、FCCアプリケーションのリリースによりさらに確認されています。同社の最終目標は、もちろん、iPhoneやその他の接続機器の携帯電話の性能を向上させることです。

一部の通信事業者はすでに5Gのスピードを宣伝していますが、Appleがテストしたいミリ波技術ははるかに進歩しています。 DSLレポートで説明されているように、ミリメートル波はレイテンシを大幅に削減し、全体のスピードが向上します。

T-Mobileは、「真の全米モバイル5Gネットワーク」の構築に取り組んでいると言って、他の通信事業者が「偽の」5Gを宣伝することを批判しています。 AT&Tは、今年初めに既存のLTE技術を「5G Evolution」として発表しました。 AT&Tは、5G EvolutionがLTEの2倍のスピードを提供すると宣言しているが、キャリアは、キャリアアグリゲーション、4×4 MIMO、256 QAMなどの技術を使用している。

アップルがより高速のワイヤレス技術をテストしていることは驚くべきことではない。注意すべき重要なことは、もちろん、Appleは最終的に5Gへの展開と移行のために通信事業者に依存しているということです。そのような展開のための予定表は現時点では濁っており、一部の通信事業者は2018年の導入を目指すと主張しているが、他の通信事業者は2020年に近づくと主張している。