Adobeが誤ってNimbus Mac&Windows版「Lightroom in the cloud」を流出?

Adobeは昨年、Nimbusと呼ばれるプロジェクトで、新しいMacとWindowsの写真編集者にアプローチしました。このアプリはLightroomで、画像と編集の両方がクラウドに保存されているという特徴があります。この考えは、ユーザーがデスクトップとモバイルの編集の間を行き来できるようにすべきであるというものでした。

同社は今年中にベータ版を約束しており、Adobeが誤ってCreative Cloudの顧客にダウンロードを提供したようで、近い将来になっているようです。

フランスのサイトMacGが、「どこでも編集」目標を達成するために、付属のクラウドストレージを強化している件など、いくつかの詳細を共有しました。

このリークは私たちに新しいことを伝えます。Nimbusユーザーはクラウドに1TBのストレージを持っています。これは、Creative Cloud加入者に通常提供される20GB以上です。

アプリはまた、ストックフォトのためのキーワードを自動化するように設計されています。

アドビは、画像の内容を自動的に認識できる検索エンジンを強調しています。それぞれのショットに手動でタグを付ける必要はありません。開発版にはフランス語は含まれていませんが、英語の検索は良い結果になりました。

NimbusはLightroomを完全に置き換えるのではなく、Lightroomの補足として機能するように意図されています。たとえば、プロのフォトグラファーの典型的なワークフローを反映したモジュール(ライブラリ、開発、スライドショーなど)を別途用意して、最も頻繁に使用されるすべての機能を1か所にまとめることを目的とした簡単なインターフェイスを提供します。

Adobeは先週、Apple PencilをサポートするためにLightroom for iOSを更新しました。アプリはApp Storeから無料でダウンロードできますが、すべての機能にアクセスするには有料のCreative Cloudサブスクリプションが必要です。