RoombaのiRobotは、家のマップデータを収集し、Apple社へ販売開始?

ロイターの新しいレポートは、RoombaのiRobotがスマートな家庭領域への更なる拡大を促している。この報告書によると、iRobotはマッピング情報の収集を開始し、スマートな家庭情報を改善するためにAppleなどのハイテク企業に販売することを検討しているという。

インタビューでは、iRobotのCEO、Colin Angleは、スマートホームアクセサリの拡張により、Roombaから収集されたマッピングデータをアクセサリメーカーが、家の設計と配置に関するより良いアイデアを得るために使用できると説明しました。

「豊富な家庭の地図データを入手できれば、スマートホームが提供できる物とサービスのエコシステムが完全に生まれている」とアングル氏は語る。

ロイターは、アマゾン、アップル、アルファベットはすべて技術の「ファン」であると付け加えている。 iRobotは、今後数年間、主要なハイテク企業の1社と契約を結びたいと考えています。このような契約により、iRobotは地図データを販売し、将来のスマートフォン製品やアクセサリの設計を改善します。

あるアナリストは、アップル社がマッピングデータを使用してサラウンドシステムが家庭の音響に合ったり、エアコンが部屋ごとに気流をスケジュールするのを助けることができるとも考えています。スマート・ライトニングは、ウィンドウの配置と時刻に基づいて調整できます。

この戦略で頭に浮かぶ明らかな問題は、プライバシーです。ただし、iRobotは顧客の許可なくデータを販売することはないが、スマートな家庭用機能と引き換えに顧客から許可を得ることは難しくないと考えている。

潜在的な欠点は、ユーザーの家に関するデータを販売することでプライバシーの問題が明確になるということだとiRobot for Battle Road Researchのアナリスト、Ben Rose氏は語る。

iRobotは顧客の許可なくデータを売ることはしないと述べたが、スマートホーム機能にアクセスするためにはほとんどの人が同意すると自信を持っています。