法廷闘争が進む中、クアルコムCEOは、アップル社との裁判外の解決を期待

アップルとクアルコムは、現在、段階的に拡大している法廷闘争に従事しています。しかし、フォーチュンとの新しいインタビューで、クアルコムのCEO、スティーブ・モレンコフ氏は、同社の色調を変えたコメントをしている。

Mollenkopf氏によれば、現時点では新たな進展はないが、「問題が解決されない理由はない」と述べている。

「新しいことは何も起こっていない」とモリンコフ氏は語り、「これらの事柄は裁判所外で解決される傾向があり、私はそれがここに当てはまるとは期待している」と述べる。

それにもかかわらず、Mollenkopfは今発表することは何もないと発言している。

クアルコムがアップルとの戦いを継続的に進めていく中、モレンコフ氏の態度は一見して急激に変化している。同社のカウンターは今年初めにAppleを訴え、Appleが主要コンポーネントを競合他社から調達するのを妨げ、独占的活動を行っているという主張をした。

しかし、アップル社の主張を否定するのではなく、クアルコムはアップル社で独自の告発をした。チップメイカーに対し、アップルが契約違反を訴え、クアルコムと他の企業との契約や関係を妨害していると非難した。さらに、クアルコムは、アップルが自らのためにロイヤルティを下げるようにクアルコムに強要する権限を使用しようとする以上のことは何もしていないと述べた。

特に、クアルコムは先週Appleに対して正式に特許侵害訴訟を提起した。この訴訟では、バッテリーライフ技術に関する6件の特許を侵害しているとの主張に対して、iPhoneの輸入禁止を求めている。

ティム・クック氏は、今年初めに、クアルコムとの訴訟解決に向けてオープンになっていることに対し、そうではないと指摘し、法廷での長い戦いを期待していると語った。

私は訴訟が好きではないので、別の方法があれば、それは素晴らしいことですが、この時点で私はそれを見ません。この時点では時間がかかると思っていますが、最終的には常識が優先され、裁判所はそれが何であるかを見ていきます。それが私の見方です。

クアルコムの最高経営責任者(CEO)は、現在同じ姿勢を表明しており、和解を検討することは可能か厳しいところです。