Android、不正なアプリからユーザーを守るために「パニック検出モード」を搭載

Androidはかなり安全なOSですが、Googleは常に安全性を高めるために常に努力し、マルウェアの問題には対応を続けています。 Playストアからダウンロードしたアプリケーションでも、ユーザーのデバイス全体をコントロールすることができます。しかし、Googleは静かに「パニックモード」を導入し、ユーザーをこれらのような状況から保護しています。

「パニックモード」の背後にあるアイデアは、不正なアプリケーションから抜けて、ホーム画面に戻すための保証された方法をユーザーに提供することです。それは、複数のプレスが連続して、戻るボタンが実行されると、Androidがこれを検出し、開いているアプリケーションから、ホームスクリーンに移行して、不正なアプリをアンインストールできるようになります。

Googleはこの機能について何も公表していないが、XDAはAndroidのソースコード内でそれを発見しました。このようなイベントが発生した場合、バックボタンを素早く押すことは一般的な動きであるため、実装は非常に巧妙です。

しかし、XDAによって指摘されているように、「パニック検出モード」は誰にでも有効になっていません。この機能はAndroid 7.1 Nougatでのみ追加され、動作するように設定する必要があります。今のところ、Googleはこのアプリケーションを終了しておらず、将来のバージョンOSでデフォルトでこのアプリケーションを有効にする予定です。Googleはこのようなセキュリティ機能を継続的に検討しています。