iPhone 8の顔認識に朗報! Appleの特許はMacで顔認証を説明

Touch IDやパスコードなしで自動ログインできるように顔認識ができるiPhone 8の3Dカメラシステムについて多くのことを聞いてきました。今日公開された新しい特許出願は、アップル社が将来のMacにこの機能をもたらすことを提案しています。

Appleはもっと単純なロック解除機能だけを考えています。

この特許は、スリープモードのMacがカメラを使って顔を探す方法について説明しています。これはおそらくPower Napに追加された機能であり、眠っているMacは多くの電力を使わずに特定のバックグラウンドアクティビティを実行することができます。

Macが顔を見つけた場合、顔認識を使用して、ユーザーが特定された場合にMacを起動させます。

省電力機能/モードからの復帰には時間がかかり、ユーザーに資格情報を入力する必要があり、一般的にユーザーにとって迷惑になることもあります。

この方法は、イメージセンサーを使用してイメージをキャプチャし、撮影された画像から、肌色検出パラメータ、顔検出パラメータ、および動き検出パラメータを追跡します。

この方法はまた、肌色検出パラメータ、顔検出パラメータ、および動き検出パラメータのうちの少なくとも1つを利用して、ユーザが存在するかどうかを判定し、ユーザが存在すると判定された場合、コンピューティングデバイスに伝えます。

基本的に、Macはスリープモードのままで、顔が見えているかどうかを簡単に把握してから、顔認識部を起動してマシンを完全にスリープ状態にする前に高出力モードに入ることができます。

この特許にはテーマに関するいくつかのバリエーションが記載されています。たとえば、ユーザーがマシンからどのくらい離れているかを監視することで、すぐに使用する可能性が高いことに基づいて、より軽いまたは深いスリープモードに入ることができます。

例えば、システムは、減少したルーチンのセットのために6〜8秒ではなく、0.5秒以内にパワーアップすることができます。いくつかの実施形態では、コンピューティングデバイスは、ユーザがいつデバイスから離れるか、またはデバイスの近接を決定するように構成されています。それに応答して、デバイスは、ディスプレイスリープモード、システムスリープモード、スクリーンセーバの起動などの省電力モードに入ることができます。さらに、システムは、ユーザの存在を感知し、コンピュータ起床時間をスピードアップするために、スリープモードを部分的に終了することができます。

従来のアップルの特許と同じように、実際に使用するものかはまだ不明です。