KGIレポート:クアルコム、画面内の指紋技術のための明確なリリースはない?

先週、クアルコムは、画面の指紋センシング技術をデモしましたが、 KGI証券の信頼性の高いアナリストの新しいレポートでは、クアルコムのソリューションは、出荷に近くないと発言しています。

クアルコムは、プロトタイプでそのソリューションをデモしていますが、この時点でリリースのための明確なタイムテーブルはありません。レポーターは、画面内にクアルコムの指紋センサーの実装があると説明しつつも、「改善が、完璧ではない。」と述べます。

プロトタイプモデルにインストールされている超音波指紋認識は、以前のバージョンと比較して、より優れたスキャンスルーを提供しており、実際の指と人工のクローンを区別することができ、最新の2.1バージョンである必要があります。

しかし、我々は対処すべきいくつかの技術的な課題はまだあると思います:(1)スキャンスルー能力はまだ改善の余地があります。 (2)有効になるのが遅い。 (3)遅い応答。

レポーターは、画面内の指紋技術の量産不確実性があることを説明しています。