新しいiPad Pro A10Xチップは、最初の10nm TSMCチップ、これまでの最小のiPad SoCサイズ

Appleの新しい10.5インチのiPad Proと12.9インチのiPad Proは、AppleのプロセッサとGPUデザインの最新の機能をA10X SoCに搭載しています。アップルのウェブサイトは、従来のiPadチップであるA9Xと比較して30-40%のパフォーマンス改善を約束している。

TechInsightsはチップを分析して、10ナノメートルプロセスを使用してSoCが製造されているのに対し、A10およびA9Xは16mmプロセスを使用していることを確認しました。これにより、今日までの最小のiPad SoCサイズで、高性能チップとなっているとのこと。

iPhoneのチップが新しい製造プロセスでリードしているので、Appleがこの世代で10nmを採用したことは興味深い。

A11は、次世代iPhoneのために9月に10nmプロセスでデビューする予定であるため、Appleがパターンを破り、最初に10nmでiPadチップを押し出すのは驚くべきことです。

この縮小は、そのタブレットSoCのためのAppleの最小ダイサイズをもたらしました。 A10Xは96.4mm四方で測定されます。 AnandTechは劇的な変化をグラフ化しています。

生産プロセスの問題は歩留まりの問題を引き起こし、コストが上昇するため、新しい小さなプロセスノードを採用することは危険です。もちろん、アップルはコストを吸収し、よりリスクの高いプロジェクトに取り組む独自の財務的立場にありますが、10nmの積極的なアップデートにもかかわらず、A10Xは比較的保守的なチップであるようです。

フロアパンの写真に示すように、A10XのデザインはA9Xと非常に似ています。 AppleはCPUコアを2から3に上げ、L2キャッシュを8MBに増やしたが、2世代間に大きな構造的違いはないようだ。 Appleはダイサイズを縮小することで10nmプロセスを最大限に活用しており、これにより全体的な消費電力が削減されるはずです。

また、A10XはA9XとA10と同様のGPUコアを使用しているようです。これは、AppleがまだImagination Technologiesに依存していないことを意味します。Imagination Technologiesは、これから18ヶ月以内にAppleが発表すると発表しました。それがA11とiPhone 8で起こるかどうかは非常に興味深いです。もしそうでなければ、2018年の次のアップルのチップ改訂でほぼ確実に起こる可能があります。