Windowsユーザーの21%がMacに切り替えようとしている

米国のコンピュータ所有者の調査によると、Windowsラップトップユーザーの21%が将来のMacへの切り替えを計画していたが、逆に、Macの所有者の2%のみがWindowsに切り替えを計画しているという。

その数は、Windowsデスクトップユーザーの間では高く、そこでは、今後6〜24ヶ月で4分の1がMacに移行する予定です。

当然のことながら、Macへの移行を計画している人は、主に高所得層にあり、年収1500万円以上を稼ぐ人の中で最も関心が高い。また、10代と20代の低所得者にも高い関心がありました。

調査はVerto Analyticsによって行われました。