AppleはiOS 10.3.2のリリースに合わせてiOS 10.3.1停止

先月公開されたiOS 10.3.2の公開に続いて、Appleは今晩iOS 10.3.1の署名を止めました。つまり、ユーザーはもはやiOS 10.3.1にダウングレードできなくなり、代わりにiOS 10.3.2を維持する必要があります。

Appleは、新しいバージョンのリリース後、古いiOSリリースへの署名をほとんど止めています。これは、ユーザーがiOSの最新バージョンを使用し、最新のセキュリティとパフォーマンスを向上させるための手段です。アップルが古いバージョンのiOSの署名を停止すると、脱獄ユーザーが最も影響を受けるケースもあります。

Appleは先月、iOS 10.3.2を公開しました。このアップデートでは、主にパフォーマンスとセキュリティの向上に焦点を絞り、同時にプロセスのいくつかのバグも解消しました。次に、iOS 10.3.3のリリースがあります。 Appleは最近、iOS 11のパブリックベータを開始しました。iOS 11は今年中に安定した形で公開されます。 iOS 10.3.3は、パブリックでも公開される予定です。

iOS 10.3.2にアップグレードした場合、AppleがiOS 10.3.3をリリースするまで、待つ必要がありますが、iOS 10.3.2が比較的マイナーなアップデートであったことを考えると、ダウングレードする理由はあまりないかもしれません。