High Sierraのファームウェアは、セキュアエンクレーブ、Intelの「Purley」チップ

木曜日に発表されたレポートによると、Appleの今後発売予定のiMac Proオールインワンは、Intelのサーバークラス「Purley」XeonプラットフォームとMacBook Proに搭載されたARMベースのチップと同様の機能を備えたSecure Enclave Processorをサポートするようです。

PikeのUniversumによると、最新のmacOSのコード10.13 High Sierraのベータ版では、iMac ProがAppleのSecure Enclaveインテグレーション機能を搭載した最初のデスクトップになることが示唆されています。

iOS製品群からきたSecure Enclave Processor技術は、去年遅くにMacBook Pro with Touch BarにてMacプラットフォームに導入されました。 iPhoneやiPadの兄弟のように、MacBook ProはTouch ID操作の認証にARMプロセッサを使用しています。

今日の報告書では、Secure Enclaveの互換性は、AppleSecureBootPolicy、ApECID、ApChipID、ApBoardID、ApSecurityDomain、ApProductionStatus、ApSecurityModeなど、さまざまなシステムレベルのハードウェアおよびソフトウェア機能に拡張される予定です。 Secure Enclaveの存在はTouch IDへのアクセスの扉を開きますが、AppleはWWDCでiMac Proをプレビューしたときにそのような機能について語ってはなかった。

プロセッサーに関しては、High Sierraは、Purley Xeonプラットフォーム用に予約されたサーバーグレードのコンポーネントであるIntelのLGA3647ソケットを使用しています。 Purleyは、Xeon E5およびE7プラットフォームをベースにしており、ハイエンドのSkylakeクラスのXeonシリコンをサポートしています。この情報は、デスクトップに8、10、または18コアのXeonプロセッサを装備すると約束しています。エントリーレベルの8コアバージョンは$ 4,999から始まる予定です。

PikeのUniversumも、チップメーカーの新しいCore XシリーズプロセッサをサポートするハイエンドのハードウェアであるIntelのBasin Fallsチップセットへの言及を発見しました。 X299チップセットはKaby Lake-XとSkylake-Xの部品と相互運用可能で、後者は最大18コアで提供されています。

AppleはXeonプロセッサとRadeon Pro Vega GPUのほか、iMac Proの仕様についてはほとんど言及していない。同社は、デスクトップの12月の発売日が近づくにつれ、より詳細な情報を提供することが期待されている。