Google、パーソナライズド広告のためにGmailでメール内容のスキャンを停止

広告大手のGoogleは金曜日、今年後半にはプライバシー擁護をしたポリシーを打ち出し、無料のGmailサービスで個人向け広告のユーザーメール内容をスキャンしないと発表した。

同社の公式ブログの記事では、Google Cloud上級副社長ダイアン・グリーン氏は、変更が行われると、ユーザーの設定に基づいて広告が配信されることを明らかにした。おそらく、広告はアカウントの検索結果に基づいて調整されます。

「コンシューマーGmailのコンテンツは、この変更後に広告をパーソナライズするために使用されたりスキャンされたりしません」とGreen氏はいいます。 この決定では、他のGoogleサービスでの広告のパーソナライズ方法に合わせてGmail広告を作成し、ユーザーの設定に基づいて広告が表示されるようにしています。

Gmailには世界中で12億人のユーザーがおり、AppleのiCloudメールサービスと競合しています。 Gmailとは異なり、AppleのiCloudは広告サポートされていません。