テスラ、Apple Music&Spotifyをやめて、独自の音楽サービスを提供?

テスラは、大手レコードレーベルとの交渉で、モデル3やモデルSなどの所有者向けに独自のストリーミング音楽サービスを提供することを望んでいると主張している。Apple Music、Pandora、Spotifyなどのオプションのデフォルト統合を外すことは明らです。

自動車メーカーは複数の層を提供することに関心がある可能性が高い。最も基本的なものはPandoraスタイルのラジオ・オプションで、ラベル・ソースはRecodeに説明されている。テスラの製品には大型のタッチスクリーンダッシュインターフェイスとインターネット接続が組み込まれているため、サービスは各車にバンドルされています。

 「優れた車内体験を持つことが重要であると考えているため、顧客はどのソースからでも自分が望む音楽を聴くことができます」「私たちの目標は、顧客のために最大の幸福を達成することです。」とスポークスパーソンは述べています。

モデルSとXは、すでにBluetoothとUSB接続に加えていくつかのインターネットラジオオプションを提供していますが、唯一の統合されたアプリベースのサービスは米国外でのみ利用可能なSpotifyです。Apple CarPlayまたはAndroid Autoとの互換性も欠けています。

バンドルされた音楽サービスは、これらの問題のいくつかを乗り越える必要があり、広告なしのオンデマンドストリーミングを有料にした場合、Teslaにプラスの収入源を提供する可能性があります。同社は、サービスをサポートするために必要なドライバー数も増やし始めています。

アップルは現在、レコードレーベルとの交渉を進めているが、アップルの音楽とiTunesのコンテンツの価格を引き下げることを目指している。当初より高額の支払いは、ラベルやアーティストをApple Musicに誘い込むのに役立っています。