Apple、iPhoneとiPad向けに4番目のiOS 10.3.3ベータをリリース

AppleはiPhone、iPad、iPod touch用に4番目のiOS 10.3.3ベータ版をリリースしました。最初のベータ版には、12.9インチのiPad Pro用の新しい壁紙だけが含まれていました。以下で発見された変更をお知らせいたします。

iOS 10.3.3ベータ3は現在、登録された開発者が利用できます。 iOS 10.3.3のパブリックベータ版も利用可能ですが、今日のアップデートでは、すぐには入手できないかもしれません。

iOS 10.3.3 beta 4リリースノート:

管理対象デバイスと共有デバイス

リモートサーバーからデバイスを更新すると、期待どおりに動作しない可能性があります。

openURL

サードパーティのアプリケーションがtel://、facetime://、facetime-audio:// URLでopenURL:を呼び出すと、iOSはプロンプトを表示し、ダイヤルする前にユーザーの確認が必要です。

SOS

SOSはインドでのみサポートされています。

WebKit

Safariは、お気に入りの動きの少ないメディアクエリをサポートするようになりました。このクエリを使用すると、Web開発者は、広い範囲の動きに敏感なユーザーに代替のページスタイルを提供できます。ユーザーは、「システム環境設定」の「アクセシビリティ」セクションで動きの少ない設定を変更することができます。

iOS 10.3アップデートでは、SafariおよびWebKitのTLS(Transport Layer Security)は、オペレーティングシステムのデフォルトトラストストアに含まれるルート証明機関(CA)から発行されたSHA-1署名証明書をサポートしなくなりました。 SHA-1署名付き証明書を使用する他のすべてのTLS接続は推奨されなくなりました。 SHA-1署名付きルートCA証明書、エンタープライズ分散SHA-1証明書、およびユーザーインストールSHA-1証明書は影響を受けません。詳細については、https://support.apple.com/kb/HT207459を参照してください。