アナリスト:ARKitはAppleの「iGlass」スマートメガネアクセサリの基礎となる

Appleは今月、iPhoneとiPad用のARアプリケーションを構築するための新しいARKit開発プラットフォームを発表した。 UBSのアナリスト、スティーブン・ミルノビッチ氏は、これまでの報告書に反し、本日、アップルが「iGlass」と呼ばれるスマート・グラスをリリースすると報告ました。

ARのための高度なセンサーと技術は、iPhoneに最初に登場するが、最終的にはメガネに向かう可能性があるという。CNBCの解説によると、これはブルームバーグの以前の報告書に似ていますが、「何百人ものエンジニア」がアップルの拡張現実の取り組みに専念していると主張しています。

Milunovich氏は、同社の巨大な複合現実ヘッドセット技術であるHololensをMicrosoftが現在提供しているレベルに、Appleも匹敵するという。

「先進のセンサーとカメラ機能により、iPhoneは強化されます。 UBSのアナリスト、スティーブンミルノビッチ氏によると、最終的にiGlassなどの独立したハードウェアが提供される可能性があります。

「ホロレンス型の体験を可能にする、Appleの典型的なデザイン(iGlass)のメガネを想像することができます。」

Milunovich氏の見解では、拡張現実機能に必要な処理能力について、Appleが大きな課題に直面するだろうと説明しています。彼は、Appleにとって最良のシナリオは、大量のデータをiGlassとiPhoneの間で送信することで、大量の計算は、眼鏡ではなくiPhone上で行われるという。これにより、AppleはiGlassで「典型的な」アップルのデザインを提供することができると言います。

しかし、必要とされる計算能力とセンサーの量は、深刻な設計上の問題を引き起こす可能性があります。 Appleは、大量のデータを眼鏡からiPhoneに送信する方法を見つけることができれば、眼鏡はより魅力的なデザインになる可能性があると言います。この問題は、大量の複雑なデータをデバイス間で迅速に転送する方法になります。

ブルームバーグは昨年、この技術について最初に報告しました。消費者向け製品が2018年に登場する可能性があることを指摘しました。他の報告書には、アップルのAR技術への関心が示されています。