IDC、ARKit、iMacsを押して、ARとVRのヘッドセット出荷量が2021年に100Mと予測

今年は、iOS 11とより強力なMacハードウェアにより、AppleがARとVRの両方で真剣に取り組んでいる一方で、IDCは、VRの予測に関する新しいデータを持っています。 IDCは、昨年の1000万台弱に比べて、「ARとVRの専用ヘッドセット」を2021年には1億台に近づけると予測しています。

IDCは、スマートフォンを必要とする画面のないVRヘッドセットは、ソニー、HTC、オクルスの専用VRヘッドセットが昨年末までに普及した中で最も人気が高いと述べています。

IDCモバイルデバイストラッカーのJitesh Ubraniシニアリサーチアナリストは、「6〜18ヶ月後には、Microsoftと並んでPCベンダーがつなぎヘッドセットとハイエンドのスタンドアロンVRヘッドセットを市場に投入するため、VR市場をさらに刺激するだろう。 」と述べます。さらに「PCのハードウェア要件が低く、ヘッドセットの価格が低くなるため、VRはこれまで以上にアクセスしやすくなります。さらに、モーショントラッキングとハンドトラッキングを追加することで、デジタルと物理の現実の間の線をさらにぼかすことができます」と述べます。

VR体験を推進するために使用されるPCハードウェアに関しては、Appleはバーチャルリアリティの開発を、今月初めにWWDCで新しいiMacの中心にしています。 Appleには、eGPUとVRヘッドセットをサポートする公式のMetal 2 Developer Kitもあります。

増強された現実が「実現するのが難しい」ため、ARはARの市場をリードしているとIDCは期待しているが、今年後半にiOS 11のARKitを使ってこの分野でのアップルの取り組みを検討している。

IDCは、VRヘッドセットは予想を通じた販売量を引き続きリードしていると考えていますが、一般的にARは業界全体に及ぼす影響がより大きくなると主張しています。消費者は専用ヘッドセットではなく、携帯電話やタブレットで最初のAR体験を得る可能性が非常に高く、Appleの最近のARKitの導入により、これがさらにサポートされそうです。