Samsungは、ギアS3を充電する電話ケースを特許出願

Samsungは、Patently Mobileによると、外出先でギアS3をチャージできるスマートウォッチ用の電話ケースの特許出願を提出しました。

米国特許商標庁に提出したサムスンの特許の図では、スマートフォンケースにはミリ波技術を使用して、Samsung Gearスマートウォッチをワイヤレスで充電することを提案しています。

 

このケースが他のデバイスにもチャージできるかはまだ確認されていないが、サムスン自身の範囲に限定されるものではないようです。

電話ケースのワイヤレス充電機能は、表紙と裏表紙の下に隠れています。裏蓋には送信コイルとUSB Type-Cが接続され、ケースをスマートフォンに接続します。

フロントカバーの内側には、無線電力制御プロセッサと直流交番電力コンバータが組み込まれています。

 

一般の特許の場合と同様に、この図はサムスンの最終的な設計案を示唆するものではありません。

 また、明白なことは、ケースが日の光を見るかどうかです。それは結局特許出願であり、どのタイミングで製品化されるかはまだ不明ではあります。