Amazon、Whole Foods Marketの買収発表!その目的は?

Amazon.comはWhole Foods Market Inc.との137億ドルの取引で買収を発表しました。これで小売店への戦略を確かなものにしています。

5月下旬、アマゾンは店舗のWi-Fiを使って競合他社のウェブサイトに送信されたリクエストをブロックする「物理ストアオンラインショッピング制御」と呼ばれる特許を取得しました。この特許は、要求されたコンテンツが競合他社または関心のある商品と関連しているか、または潜在的に関連付けられていると判断された場合、小売業者に代わって管理措置ができる機能になります。これに関して、「オンラインショッピング管理は、小売業者に代わって提供されるかもしれない」と述べていました。今週初めにVergeによって報告されたこの特許は、困惑したものでしたが、買収発表をみると理にかなっています。

さらに、スマートフォンで物理的に買い物をしている間、アマゾンが顧客にもっと多くのオファーをすることを可能にします。しかし、店舗のWi-Fiネットワークではなく、独自のデータプランを使用してインターネットにアクセスする場合は、おそらくブロック技術を回避することはできます。

Amazonは、店舗Wi-Fiで、顧客のブラウジングを監視することもできると、カリフォルニア州サニーベールのプラグ&プレイテックセンターの執行役員スティーブン・ディフランコ氏は語った。

以前はBroadcomのInternet of Things事業で働いていたDiFranco氏は、「これは店舗内で顧客を測量し、店にいる間に店内での行動を理解できる」と語ります。

肯定的な側面は、消費者にとってより良い、より便利なショッピング体験をもたらし、その好みと習慣が知られるということです。それは買い物を助ける能力を提供できるものです。 "牛乳を手にした時、まだ牛乳は残っていますよ。"とスマートフォンは買い物中に教えてくれるかもしれません。

DiFrancoによれば、Amazonはすでにある顧客に関するデータと、食料雑貨の買い物に由来するデータを密に組み合わせることで、データを大幅に拡大し、さらに大きな巨人になるだろう、と言います。 「これは他の誰も持っていない小売分析のジェット燃料です」

しかし、アルファベットのGoogle Inc.と同じくらい、Amazonが多くのデータを収集していることは恐ろしいことです。アマゾンは厳しい競争の場で成功するため、大きな賭けをし、優れた技術と膨大な量のデータで武装しています。