楽器アプリ間を仮想ケーブルで接続が可能なアプリ[Audiobus]

AudiobushはiPhone/iPad単体内で楽器アプリと楽器アプリを仮想ケーブルで接続できるアプリです。
今までは楽器アプリ単体でしか音楽作成ができなかったiPhone/iPadですが、これにより別楽器アプリと
リアルタイムに音源を共有できるようになりました!アプリの利用にはAudiobus対応が必要ですが、
昨今GarageBandも対応され、かなりの楽器、エフェクターアプリが対応しているようです。

AppWorks_01


Audiobusをインストールするとバーチャルケーブルの設定画面が出てきます。
3つのスロット(INPUT、EFFECTS、OUTPUT)が用意されており、
このスロットタイプを選択して対応アプリを要所配置していきます。
配置を完了し、[Tap to launch,,,zzzzz]をクリックして一度アプリを起動後
、Connection Panelというランチャーが右に現れれば、Audiobusを挟んだ連携が完了します。

AppWorks_03

AppWorks_02

Audiobusの使用を停止する場合は、iOSディバイスのホームボタン [□] をダブルタップ>終了したいアプリのアイコンをタップ&ホールド>表示される[-]をタップすることでアプリが完全に終了します。

これで多彩なiPhone/iPadの楽器アプリ、エフェクターが実用てきになり、
よりクリエイティブな音楽を作成できるようになりますね。


A Tasty Pixel

Audiobus(450円)
販売元:A Tasty Pixel(4MB)
全てのバージョンの評価:★★★★★(22件の評価)