AAPLの下落は5日目まで続くが、アナリストらはトレンドから見る必要があると分析

昨日Apple株はさらに0.6%下落し、5日連続で下落した。また、ショートに投資する投資家の数が増加しており、株価が下落することが効果的な時期になっています。

べつの解説では、1週間で5大米国のハイテク企業の時価総額、損失額がボーイングを買収するのに十分くらいであったことを指摘した。

米大手5大手のアップル、アルファベット、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブックは、合併時価総額が先週の木曜日以来、ボーイング社の買収に十分な約1200億ドル下落したとみている。

木曜日までに、S&P500テクノロジーインデックスSPLRCTは1年で最大の5日間の落ち込みになった。

しかし、短期的な衰退は長期的な利益の観点から見る必要があると指摘している。

最近の下落にもかかわらず、技術部門は今年に至るまで今年の最高業績を維持しており、S&P500指数全体の8.6%増に対して17.4%増を記録している。

ハイテク業界は急成長を遂げていますが、あまりにも多くの企業に投資が集中し、金利が低い時に投資家はより高い配当を追いかけていることが懸念されています。

さらに、小売売上高の減少や予想を下回った雇用の伸びなど、米国の最近の景気低迷の影響を受けて、投資家は株式から安全な債券に移行するという別の要因があります。