IBM、iOSエンタープライズ・アプリケーション開発に特化した「Garages」をオープン

0
316

IBMは2014年にAppleとのパートナーシップを発表し、エンタープライズ・アプリケーションなどをiOSに提供することを発表した。同社は今日、法人顧客がMobileFirstの開発を支援し、専用の物理スペースとして機能する新しい「Garages」 をオープンしました。

IBMは、MobileFirstのiOSアプリケーション向けの迅速な設計、統合、デプロイメントを目的とした新しいGaragesを導入しています。モバイルスタジオとラボのネットワークが拡大し、モバイルと認知度の高い10,000人以上の専門家が顧客をサポートします。 

IBM Industry Platformsの上級副社長であるブリジット・ヴァン・クラリンゲン(Bridget van Kralingen)氏は、「4年前に、エンタープライズ・モビリティを実現しました。 「今日、企業はこれまで以上にモバイルでの支配を急速に進めており、ビジネスのやり方を改革する強力な革新に対する重要なニーズを生み出しています。我々は、モバイルの力を認知科学と分析技術と組み合わせて、市場を引き続き推進していきます。

MobileFirstアプリケーション開発のための最初の新しい専用ガレージは、既にバンガロールにあるものに加えて、上海とブカレストに来る予定です。

IBMは小売、教育、医療、銀行、旅行、輸送、テレコミュニケーション、保険など多数のiPhoneおよびiPadアプリを支援し、アップルのパートナーシップにサインアップして以来3年目に、数多くのアプリを開発しています。IBMのWebサイトでさまざまな業界のアプリケーションをチェックアウトすることができます。

IBMはまた、Appleとのパートナーシップがどのように進んでいるかについて、いくつかの統計を共有しました。これまでに、3,800件を超えるクライアント契約から「数十億ドルの署名が生まれました」と指摘しました。また、MobileFirstアプリケーションを採用している:ルフトハンザグループ、シティ家具、シンガポール航空、日本航空があると述べています。