2017 4K、5K iMacはThunderbolt 3にもかかわらずターゲット表示モードなし?

Appleは、新しい2017 iMacが、以前は2009年から2014年の間に一部のiMacモデルでMini Display PortまたはThunderboltを介して接続された別のMacを、外付けモニターとして使用できるようにしたTarget Display Modeをサポートしないと明言しました。

2009年後半の27インチiMacで初めてサポートされたこの機能は、iMacの内部ディスプレイを外部モニタに切り替える便利な方法を提供していました。

この機能は、Mid 2010の同じモデルのリフレッシュで継続され、Mid 2011とMid 2014のリリース間でiMacラインナップに拡張されました。ただし、2014年後半の5K iMacではこの機能がサポートされていません。単一のThunderbolt 2ケーブルが新しい超高解像度ディスプレイの解像度で動かすことができませんでした。

最近5K(5120×2880)の解像度、10億色の10ビットディスプレイを稼働する帯域幅を持つThunderbolt 3をサポートする新しい4Kと5Kモデルがリリースされたことで、問題はAppleがこの機能を復活させるかどうかということでした。

しかし、Appleの広報担当者は、2017のiMacはTarget Display Modeをサポートするようには設計されておらず、その機能が再現される予定はないことを明らかにしました。 2017年3月の機能を説明するアップルのサポートページには、「iMac(Retina 5K、27インチ、2014年後半)以降のiMacモデルはターゲット表示モードのディスプレイとして使用できません」と記載されています。

一方のコンピュータのデスクトップ表示を別のマシンでストリーミングするために、ハードウェアをエミュレートする方法は他にもありますが、アップルのハードウェア・ベースのアプローチでは、真のモニタ品質の内部ディスプレイを提供していたものでした。