FacebookがSiri言語チーフ採用、Appleはソーシャル&ビデオにYouTubeミョウバンを雇用

ブルームバーグによると、アップル社はソーシャル・ビデオの取り組みに元従業員を雇っていたが、ベンチャービートはFacebookがアップルのSiriのチーフを雇用したと報じた。

まず最初に、アップルはYouTubeの初期バージョンで働いていたVijay Karunamurthyを雇用したという。報道によると、Appleは同氏が進めているNomアプリは買収しておらず、アップルで他のチームに加わる。注目すべきは、このアプリが初期のYouTubeの従業員でもあったSteve Chenによって共同制作されたことである。Nomは、俳優、音楽家、ジャレッド・レット、そして「江南スタイル」で有名な韓国のアーティスト、PSYの支持を得ていた。

アップルでは、Karunamurthy氏が、アップルが既得権益を持っている2つの分野であるソーシャルビデオ機能のために、彼の経験を活かせるかもしれません。

一方、AppleのSiriチームは最近、注目すべき才能を失ってしまった。 Venturebeatは、Rushin Shah氏がAppleのシニアマシンラーニングマネージャーとして、FacebookのApplied Machine Learningチームに入社したと報告しています。 LinkedInのプロフィールによると、ShahはFacebookでの自然言語と対話の理解に取り組んでいるとのこと。シャーは、彼がアップルを去る理由については、「新しいチャレンジ」を探しており、「Facebookに参加することに非常に興奮している」と説明した。

Siriで5年を過ごした後、私は前進することに決めました。今日はFacebookのAMLで始めました。ここで自然言語と対話の理解に取り組んでいます。

私はSiriの信じられないほどエキサイティングな、ハードでインパクトのある問題に取り組むことができて幸運でした。私は数多くのすばらしい人々と協力して学ぶことができたことを誇りに思っています。感謝しきれません。しかし、新しい挑戦の時が来て、AMLに参加して、Facebookの他のメンバーや、毎日10億人以上のユーザーに影響を与えるさまざまな製品を扱う機会を得ることに非常に興奮しています:)

シャーの出発はSiriの重要な時で、HomePodスタンドアロンスピーカーは今年後半に開始され、iOS 11ではSiriの改良が行われている。Appleはまた、人工知能の戦いでGoogleとAlexaからの競争激化に直面している。同社のプライバシーに焦点を当てていると影響は計り知れない。