ティム・クック氏はスティーブ・ジョブズをアップルの「法典」と多くを語る

ティム・クック氏は広範なインタビューで、スティーブ・ジョブズのDNAをアップルの「法典」として語りました。ホームポッドは成功したと考えており、税金やドナルドトランプとの仕事の経験などや、彼がAppleがもはや革新的な会社ではないという見解にどのように考えているかについて語りました。

ブルームバーグビジネスウィークのエディター、メーガン・マーフィー氏は、遺産と思っていたことを尋ねました。彼は、アップルはスティーブ・ジョブズの遺産のすべてであり、常にそうであると語たります。

スティーブのDNAは常にアップルの拠点となるでしょう。それは今もです。そのDNAは50年後に、誰でもCEOになえることを望んでいます。そして、私はそれが100年後には誰でもCEOになることを望んでいます。それはこの会社が何かを成し得ているということです。彼の精神は、細部、ケア、シンプルさ、ユーザーとユーザーエクスペリエンスに焦点を当て、ベストを構築することに焦点を当て、良いことが十分ではなく、それは素晴らしいことでなければならないという焦点、彼の言葉で語れば、 "驚くほど素晴らしく"あるべきなのです。

クック氏は、変化は避けられないものの、この思想は一定のままでなければならないと述べた。

それは米国のためのガイド、憲法のようなものです。それは変わるべきではありません。私たちはそれを尊敬すべきです。

Appleの最高経営責任者(CEO)は、Siriを自宅で使用することは新しいことではないため、AppleがSiriよりも音楽にもっと集中していたと語った。

今日、pre-HomePod、私はiPhoneを通してSiriを使って私の家を制御することができます。私が朝起きるとき、私のiPhoneは目覚まし時計です。私が、「おはようございます」とライトが立ち上がります。

私たちはまたApple TV もあります。間違いなく大きなレベルで焦点を得ていないものは、家庭内の音楽です。そこで私たちは素晴らしいサウンドとインテリジェントなスピーカーを組み合わせることに決めました。

クック氏は349ドルの価格への対応に挑戦したが、iPodやiPhone、iPadは発表された時点では高価すぎたという人々の意見を指摘した。

クック氏は、増強される現実は非常にエキサイティングで、彼は叫びたいくらいだと語ります。同氏は、Appleが何を計画しているかについては、開発者に素晴らしい経験を生み出すツールを提供しているとは言いませんでした。

私はそれについて非常に興奮している、私は叫び声を上げたい。重要な体験にできるよう最初のステップは、オペレーティングシステムにそれを入れることです。私たちはiOS 11に組み込み、開発者に公開し、何百万人もの人々の創造性を発揮できるようにしたい。私たちが何が出てくるのか予測できないくらいに。

彼が言及した一つの具体的な話は、家具やその他のもの、買い物する方法など全体的な経験を変えていきたいということだと思います。

クック氏は、企業は「消費者の集まり」であり、最も有望な経営幹部は、従業員が最も使いたいデバイスを提供することで従業員を幸せにするという価値を見てることから、アップルはエンタープライズで利益を上げられると主張している。

彼らに選択肢を与えれば、「私はiPhoneがほしい」または「私はMacがほしい」と言うでしょう。私たちは、そのレベルで多くの企業の決定を勝ち取ることができると考えています。

同氏はまた、同社が主張している「2百万ドルの雇用」の数字を引用し、スウィフトプレイグラウンドを使って学校の生徒がコード作成を学ぶのを助けることが、より多くを生み出すと語った。

海外の現金を本国に送金するというAppleの提案について、クック氏はかなり急進的であると語りました。企業は海外収益を送金するか否かにかかわらず、「合理的なパーセンテージ」を請求される。

私は合理的なパーセンテージを思いついた。私はそれを必要とするのではなく、人々は "まあ、私はちょうどXを返すよ"と言っていい。あなたは請求され、あなたはそれを取り戻すかどうかを決めることができます。しかし、あなたは請求されています。

クック氏は合理的な割合は15-20%であると主張したが、優遇金利の返還では企業はいかなる控除も許されるべきではないと語ります。

ドナルド・トランプ氏について、クック氏は移民や気候変動について、2人とも非常に異なった見解を示しているが、依然として関与し続けることが重要だと語りました。彼は実際にトランプ氏の評議会に参加していないといいます。

私たちは劇的に異なっていますが、仕事に対する彼の焦点は良いと思います。だパリ気候協定を抜け出すことは非常に残念だった。私はそれが起こらないように私ができるすべてのことをする責任を感じました。私はそれが間違った決定だと思っています。私が今回のような別の機会を見つけたら、私は再びそれを持ち出すつもりです。

終わりに、私は離れて歩き回り、「私が望むことをしなければ、私は去る」と言う人ではありません。私は評議会にはいないので、私は決断できる権利を持っていません。しかし、私はアメリカについて深く心配しています。私はアメリカがうまくいくよう考えていきます。

Appleがもはや革新的な会社ではなかったという批判に答えるように求められましたが、標準的な対応を示しました。Appleは、あらゆる分野において、最初ではなく、最高のものを目指していますと。

私たちは長期的に投資します。私たちは最初ではないことを不本意を感じません。それは単に私たちが配置されている方法ではありません。私たちは、ユーザにとって最高のものとなり、ユーザーに本当に人生の違いをもたらすものを与えることです。時間を振り返ると、iPodは最初のMP3プレーヤーではありませんでした。 iPhoneは最初のスマートフォンではありませんでした。 iPadは最初のタブレットではありませんでした。

このインタビューは、Bloomberg Businessweek誌の6月19日号に掲載される予定です。