Scorklは、超軽量で超ポータブルなスキューバダイビングソリューション

Scorklは超ポータブル酸素タンクで、現在はKickstarterの目標の2倍以上の資金を調達しています。このスキューバデバイスは今年の夏までに出荷される予定ではありませんが、来年の夏に向けて検討する価値はありそうです。それは文字通り、水中で超ポータブルなタンクです。

同じ製品に、AirBuddyがありますが、Scorklはおそらく市場で「最も小さくて軽い」ダイビングギアです。Scorklは軽量で、移動距離を制限する浮動ベースを必要としませんが、タンクは水中で10分間の酸素しか供給しません。

良い報告としては、付属のベルトにScorkl2つを追加して持ち運べることです。これで30分の水中プレイタイムを得ることができます。

Scorklにはバッテリーも必要ないので、エアーポンプを使って酸素を補充してつかいます。スキューバタンクを持っている場合は、そこから充填することができます。ScorklはAirBuddyよりも安く簡単に使えるようです。

各シリンダーは、通常使用するスキューバシリンダーと同じ仕様で製造されています。基本的には、付属のマウスピースを使用し、必要に応じて呼吸します。各Scorklには圧力計が付いており、いつでも空気の残量がわかります。

Scorklは、今年10月に配送される予定で、$ 199からKickstarterでの予約注文が可能です。スターターパックAには1個のScorklと1個のScubaタンク補充アダプターが含まれています。ポンプも欲しいなら、$ 398から始まるスターターパックBを選ぶことができます。各Scorklには無料のスキューバ・タンク・リフィル・アダプタも付属していますので、数秒でScorklをスキューバ・タンクから補充することができます。

https://www.kickstarter.com/projects/1897301425/scorkl-breathe-underwater-with-total-freedom