iFixitは最新21.5インチiMac用に、300ドルの32GB RAMアップグレードキットを提供

iFixitは、Retina 4Kディスプレイを備えた新しい21.5インチiMacのRAMがアップグレード可能であり、1日後に、この事実を証明できるアップグレードキットを提供をはじめました。

基本モデル3.0GHzのマシンが16GBのRAMを搭載しており、Appleから32GBを直接手に入れる唯一の方法は、より高価な3.4GHzバージョンを購入するということです。

より速いマシンでは200ドル増、32GB RAMでは600ドルのプレミアムプライスとなり、ベース価格よりも800ドルも上回ります。 iFixitのキットを使用すると、基本モデルの8GB RAMを32GBに置き換えて合計$ 300で実現可能です。

アップグレードキットには、2つの16GB DDR4-PC2400 2400MHz RAMモジュールと必要なツールが必要なすべてが含まれています。

32GB(2x16GB)のDDR4-PC2400 2400MHz RAM

交換用ディスプレイ接着ストリップ

iMacオープニングホイール

iMacサービスウェッジ

プラスチックカード

Spudger

ピンセット

フィリップス#00、T5、T8、およびT10ビット

ドライバーハンドル

しかし、アップルがマシンを開ることを推奨していないことを考えれば、自信がある場合のみDIYアップグレードを検討した方がいいかもしれません。 iFixitは、プロセスに「潜在的に危険な」というラベルを付けています。

このガイドでは、大きなコンデンサを含む電源装置を取り扱う必要があるため、「潜在的に危険」と表示されています。 iMacのプラグを抜き、電源ボタンを10秒以上押し続けると、コンデンサが放電されます。ボードの端を持ち、表面コンポーネントに触れない必要があります。

iMacオープニングツールのハブは、ホイールを押しすぎないようにします。別の工具を使用する場合は、ディスプレイに3/8 "を超えて挿入してはならないようです。そうしないと、アンテナケーブルが切断され、重大な損傷を受ける危険性があります。

ガイドには、ケーシングの開口部を緩めすぎたり、iSightカメラに損傷を与えたりしないように注意が必要です。修理ガイドには63以上のステップがあり、途中で数多くの警告と注意が必要です。購入する前にガイドを確認してください。

iFixitによると、マシンのSSDアップグレードキットに取り組んでおり、すぐに使用できると期待される。すぐにCPUアップグレードを提供するという計画はなく、これらは現在コスト効率の良いものではないようです。