iPhone 8、タッチIDが表示され、iOS 11でベゼルレスデザインのレンダリングイメージが登場

Appleは今週、iPhoneとiPad、iOS 11と次期ソフトウェアリリースを発表しました。今秋のiPhone 8は、iOS 11を搭載した最初のデバイスとなります。今回、iPhone 8 の新しいレンダリングイメージが、iOS11と共に登場しています。

iDropNewsの今日のレポートによると、今後発売予定のiPhone 8は、スピーカーと前面のカメラの上部に切り欠きがあるほぼベゼルレスのフロントデザインが特徴です。

さらに、iPhoneの正面には、「3Dデュアルカメラレンズシステム」と組み合わせた「レーザーと赤外線センサー」があり、顔や虹彩の認識をサポートするとしています。

iPhone 8に関する最大の疑問はTouch IDの場所です。いくつかのレポートやレンダリングでは、背面にTouch IDセンサーを持つデバイスを想像していましたが、他では、この技術がOLEDディスプレイの直下に実装されると主張しています。今日のレポートは、iPhone 8モデルが「前面のガラスに内蔵されたTouch ID技術を搭載する」と伝えています。

今日のレポートによると、iPhone 8はワイヤレスチャージを可能にするために「内部に大きなパッドを備えている」と付け加えられています。他の多くの情報源が主張しているように、iPhone 8にはアップルのARKitで裏付けされたAR機能のための垂直デュアルカメラ設定があるといいます。

現時点で、ほぼ確実なことはいくつかありますが、定期的に、特にTouch IDの位置などの要因について、矛盾するレポートが引き続き聞こています。

それでも、iOS 11がiPhone 8のデザイン用に作られている可能性があることは興味深いことです。 iOS 11の多くは、OLEDとベゼルレス設計に最適化されていると思われます。