iOS 11の新しいHEIF / HEVCカメラフォーマットは、保存容量の50%を節約

0
389

WWDC 2017で、AppleはiOS 11に含まれる2つの新しいカメラフォーマット、HEVCとHEIFを発表しました。新しいカメラフォーマットを使用する際、画質を損なうことなく、ストレージを最大50%も節約できると見込んでいます。これは、低容量のデバイスを使用するユーザーに最適なソリューションになります。

なぜAppleはHEVCとHEIFに切り替えるのか?

過去数年間、iOS上のカメラビデオはh.264ビデオ圧縮を使用しており、カメラの写真はJPGに規制されています。毎年カメラの品質が向上し、必要なストレージ容量も増えています。Appleは圧縮と品質を念頭に置いたソリューションに向かっています。

これらの新しいカメラフォーマットは、もともとアップルによって作られたものではありません。 HEIFは比較的新しいシステムであり、2015年に技術仕様が確定しています。HEVCは長く続いてきた仕様です。アップルはHEVCとHEIFを採用して、自社のシステム上で強みを発揮しています。

これらの新しいカメラフォーマットを導入することで、アップルは写真とビデオの品質を向上させ、ストレージの半分近くをセーブできるようにしたいと考えています。また、カメラアプリで撮影された写真やビデオだけでなく、ライブストリーミングサービスからの帯域幅も節約できます。

Appleは高効率ビデオコーディング(HEVC)と高効率イメージファイルフォーマット(HEIF)に移行することで、メディアの消費と創造の未来に備えています。

基本的には、iOS 11カメラアプリを使用して写真やビデオを撮影するときに、保存容量の50%を節約できます。

現在iOS 11ベータ1を使用している場合は、「iOS設定」→「カメラ」→「フォーマット」で、高効率と最も互換性の高いフォーマットを切り替えることで確認できます。高効率フォーマットでは、画像はHEICとムービーとしてHEVC .movファイルとして保存されます。 Most Compatibleの下で、画像はh.264 .movファイルとしてJPGとムービーとして保存されます。

カメラ以外では、アップル社はすでに別のiOS FaceTime アプリでHEVCとしてビデオをエンコードし始めています。 

 HEVCデブロッキング

これは新しいフォーマットの始まりに過ぎません。今年のWWDCセッションでは、Appleは、開発者がアプリケーションでHEIFおよびHEVCサポートを構築し始めるべきだと説明しました。もちろん、互換性の問題が発生します。すべてのサービス、アプリケーション、ハードウェアが新しいフォーマットをサポートするわけではありませんので、Appleはそれを考慮したアイディアをいくつか共有しています。

アップル社は、これらの新しいカメラフォーマットを使用するには、iOSデバイスに少なくともA9チップを搭載する必要があると説明しています。

今年の段階で、AppleはHEVCのすべてを使い、HDRの道を切り開いていることを明確にしました。 HDR10をサポートするには、HEVCビデオのコンテンツを再生し、10ビットのグラフィックをサポートする必要があります。 Appleが新しいiPad ProがHDRビデオをサポートし、新しいiMacが10ビットグラフィックスをサポートすると発表したばかりです。ストリーミングメディアのDan Rayburnは、Apple TVやiOSデバイスにストリーミングやダウンロードする際にファイルサイズが小さくなるという結果になり、AppleがSDやHDビデオなどのライブラリ全体を再エンコードするかもしれないと予測しています。