iOS 11:iPadでアプリを3つ開くマルチタスク機能に裏技!さらに4つ目も?

iOSの次回のメジャーアップデートでは、iPadのマルチタスク機能が11(または、正確には4)になり、ユーザはこれまで以上に多くのアプリを画面上で同時に実行できるようになります。

iOS 11の新しく拡張されたドックでは、ユーザーはアプリをドラッグアンドドロップして画面に表示できます。別のアプリが既に開いているときにアプリをディスプレイの端にドラッグすると、分割ビューにスナップされ、2つのアプリが画面に表示できます。

iOS 10で分割ビューを使用したことがあるユーザーは、すぐに操作に慣れるでしょう。しかし、iOS 11では、スライドオーバーモードで3つ目のアプリを画面に追加できるようになりました。

これを利用するには、2つのアプリを分割して表示する前に、スライドオーバーモードでアプリを配置します。 1つのアプリケーションを開き、2つ目のアプリケーションをドックからドラッグしますが、画面の端までドラッグしないでください。アプリを既存のアプリにドロップするだけで、スライドオーバーモードで表示されます。

アプリがスライドオーバーしたら、右にスワイプして取り除いてから画面の右側から引き出しすと、iOS 10の場合と同じようにうごきます。 iOS 11では、分割されたビューで作業中でもスライドオーバーに保存されたアプリを表示できるようになります。

ピクチャインピクチャモードと、iOS 11からのキャリーオーバーにより、4つ目のアプリをビデオ形式でミックスに追加することもできます。

ピクチャインピクチャ、スプリットビュー、およびスライドオーバーを一度に呼び出すことで、iPad上で同時に4つのタスクを画面上に表示できるようになりました。

iOSをさらに強力にすることで、ホームボタンを2回押すか、画面上で4本の指をスライドさせることでアクセスできるコントロールセンターを出せます。新しいアプリ切り替え画面では、分割ビューでペアになっているアプリが記憶されます。これは「App Spaces」と呼ばれています。

プロフェッショナルなユーザーに、これらの機能の組み合わせは、iPad Proをはるかに強力で実用的にします。ユーザーはSafariとSlackの分割ビューを簡単に切り替えることができます。カレンダーとメール; Twitterとノート。音楽アプリは、ピクチャインピクチャを介してコーナーのスペクトラムケーブルストリームからスライドオーバーおよびライブTVで簡単に利用できます。

方法を説明した動画はこちらです