ARKitプロセッサの制限により、iPhone 6s、iPad Pro前のバージョンと互換性が失われる

ARKitのiOS 11と互換性のあるデバイスには、A9またはA10ファミリプロセッサが搭載されたハードウェアのみで、ARソフトウェアを使用できるようです。

アップルの開発者情報では、2つのプロセッサとの互換性が規定されており、その他の追加情報はほとんどありません。

ARKitは、iPhone 6S、iPhone SE、およびiPhone 7ファミリがこのテクノロジを使用できることを意味します。 iPadの場合、2017 iPadとiPad Proのみが利用できるようです。

Apple副社長、Craig Federighiは、月曜日のWWDC基調講演でARKitを発表しました。このプロジェクトには、開発ツールセットが含まれており、iPhoneとiPadを世界で最大のARプラットフォームにすることが可能になるという。

新しいARKitによって作成されたソフトウェアのデモンストレーションでは、ソフトウェアはテーブル表面を特定し、表面に適切にスケールされた仮想コーヒーカップを表示していました。