Apple Pay Rは、20以上の新しい銀行と信用組合を追加

全国の新しい銀行や信用組合が引き続きApple Payを採用しており、先月の最後のリフレッシュ以来、約30の機関がアップルの参加パートナーリストに加わりました。下記の最新のApple Payバンクをチェックしてください:

  • Aloha Pacific Federal Credit Union
  • Citizens Community Federal N.A.
  • Citizens National Bank of Park Rapids
  • Commercial Savings Bank
  • Corydon State Bank
  • Dieterich Bank
  • Equity Bank
  • First Alliance Bank
  • First Community Bank (MT)
  • First National Bank of Bellville
  • First United Bank & Trust
  • Firstrust Bank
  • Franklin-Oil Region Credit Union
  • Hometown Bank (MA)
  • Lakeside Bank
  • Mazuma Credit Union
  • New York Commerical Bank
  • North Shore Federal Credit Union
  • Parke Bank
  • PBI Bank
  • Rivertrust Federal Credit Union
  • Salal Credit Union
  • Simple
  • Snake River Federal Credit Union
  • Summit National Bank
  • The State Bank and Trust Company of Defiance, Ohio
  • University of Illinois Credit Union
  • White Crown Federal Credit Union

アップルは、Apple Payと連携する最新の銀行に加えて、今週iOS 11とwatchOS 4のモバイル決済サービスで新機能を発表しました。

P2Pは、Apple Payを使用して、iMessage経由でお友達やご家族にお金を送金できます。この新機能は、iOS 11とwatchOS 4が今秋の後半に出荷されるときに、iPhone、iPad、Apple Watchで利用可能になります。

Apple Pay Cashは今秋に登場するもう1つの新機能です。これは、ウォレットアプリに表示される仮想デビットカードで、個人間での送金で受け取ったお金を保持しています。銀行口座にお金を引き出したり、それを使って他の人に送ることができます。あるいは、Apple Payを利用可能な店舗で支払いすることもできます。

米国での発売以来、Apple Payはカナダ、フランス、ロシア、スイス、イギリス、オーストラリア、中国、香港、イタリア、ニュージーランド、シンガポール、日本、スペイン、アイルランド、台湾に拡大しています。

Apple Payは世界中のいくつかの国でリリースされていますが、P2PとApple Pay Cashは、米国発のユーザーに限定されます。 iOS 11とwatchOS 4は現在開発者ベータ版ですが、新しいApple Pay機能は最初のバージョンではテストできません。