AppleのiPhoneスクリーンリュール修理機を見てみよう

破損したiPhoneの画面の修理がアップルストアで可能になってから4年後、サードパーティの修理会社がApple Storeと同じ修理ができるようになります。これは、ベストバイを含む他の小売店で壊れたiPhone画面修理をアップル標準の修理と同じように受けることができることを意味します。

ロイター通信は、その機器がすでに1つのBestBuyアウトレットで使用されていると報告しています。

同社は、2017年末までに、25カ国に約400の認定された第三者の修理センターになり、破損したiPhoneのガラスを修理するための専用マシーンを設置すると発表した。

最初の対応店は、ミネアポリスに拠点を置くベストバイがあります。ここは長く、アップルの製品を販売して、サービスしています。

アップルは、これまでのところ、マシーンのデザインを厳重に守ったきたが、初めて修理プロセスを撮影できるようになりました。画面の交換は特に複雑ではありませんが、新しい画面が適切に校正されていることを確認できるように設計されています。

アップルは、この動は複数の州で修理の権利を導入せよという圧力に応えるものではない、Apple Storeでの修理の待ち時間を減らせ、会社が修理を受けない国で高品質な修理を促進するように設計していると述べます

「われわれは、私たちの到着範囲を広げようと努力してきた」と、アップルのサービス事業のシニアディレクター、ブライアン・ナウマン(Brian Naumann)は言いました。

パイロットテストは1年前に開始されました。マイアミに加えて、ベイイエリア、ロンドン、上海、シンガポールのサードパーティの修理センターでで数台のマインが稼動しています。一部の国では、コロンビア、ノルウェー、韓国などの早期受取人候補となっています。