iOS 11で実現しなかったiPhone&iPadの機能

Appleは今週、正式にiOS 11の新機能を発表した。このアップデートでは、再設計されたコントロールセンター、まったく新しいApp Storeなどがあります。しかし、毎年のように、多くのユーザーが最終的に登場することを望んでいたことがありませんでした。その実現しなかったいくつかの機能を紹介します。

複数のアカウントのサポート

iOS 11は今年iPadの改良でいっぱいだったが、登場しなかった注目すべき機能の1つは複数のアカウントのサポートである。多くのコンセプトは、複数のユーザーをサポートするiPadを想像していましたが、最終的にはその機能は実現しませんでした。

複数のアカウントをサポートすることで、iPad Proにもっとコンピュータのような感触が与えられ、ユーザーは自分の仕事やリラクゼーションファイルやアプリケーションを互いに分離した状態に保つことができます。また、複数の従業員がiPadを共有する機能があれば、企業のiPadのユースケースを改善したでしょう。

ダークモード

希望リスト一位の機能はダークモードでしたが、iOS11はそのような機能なしで公開されています。近い機能で、iOSインターフェースを暗くする「スマート反転」アクセシビリティ機能があり、写真やビデオなどには影響しません。しかし、この機能は、いわゆるダークモード機能ではなく、アクセシビリティの向上を目的としています。

グループFaceTime

多くの人が要求しているもう1つの機能はGroup FaceTimeです。これにより、ユーザーはビデオまたはオーディオのいずれかでチャットをグループ化できます。しかし、この機能は、今年初めに噂されているにも関わらず、iOS 11内には存在しません。

マウスサポート

多くの要求があった機能は、iPadのマウスサポートです。このような機能は、間違いなくiPad Proにまったく新しい機能セットを与えてくれますが、Appleは、iOSがタッチに最適化され、MacOSがマウスに最適化されていると再び断言し、今回も実現はしませんでした。

食事の健康ログ

App Storeにはさまざまなアプリケーションが存在しますが、MyFitnessPalなどの多くのアプリケーションと、Healthへのファーストパーティの統合は確かにうれしい話です。それにもかかわらず、私たちは来年までそのような機能を待たなければならないようです。

MyFitnessPalのようなアプリはHealthKitの統合を提供しますが、まだスタンドアロンのアプリを使用する必要があります。

デフォルトアプリの変更

iOSの開始以来、要求されてきたことは、デフォルトアプリケーションの変更をサポートすることです。たとえば、デフォルトのウェブブラウザをChromeに変更して、すべてのウェブリンクをChromeで直接開くことができるなどです。この機能はmacOSでサポートされていますが、なぜかiOSでは非対応です。

複数のタイマー

Continuityサポートで複数のタイマーをサポートすることは、かなり便利な小さな機能です。ただし、この機能はiOS 11ではサポートされていません。

この機能は、ラザニアタイマーを60分持つことができ、15分の混合野菜タイマーと5分のパンタイマーを追加し、ラベルサポートと連続性を追加することで、タイマー同士の同期をとることができます。

いくつかはとても残念な機能ですが、

AppleがOLEDのiPhone 8で対応してくれるか、新しいバージョンでみられる事を期待です。