Mac用GarageBandがアップデート!新しいタッチバーのサポート、ドラマー、iOS統合など

今日のWWDCのお祝いの一環として、AppleはMacとiOS用のGarageBandをアップデートしました。大きな変更は、いくつかのクロスプラットフォームの統合、TouchBarのサポートなどを含むデスクトップバージョンになります。

Mac用のGargeBandは、今日のバージョン10.2に改善と追加のリストを更新しました。まず第一に、Appleは審美的にも機能的にもUI全体をリフレッシュしている。Appleの自動ドラムマシンには、3人の追加プレイヤー(ポップ、ソングライター、ラテン)のほか、既存のドラマーのため、追加ループを介して、新しいコンテンツがいくつか追加されています。 

Appleはまた、Touch Barのアップデートに加えて、Mac上のGarageBandセッションにiPhoneとiPadのバージョンを使ってトラックをリモートで追加する機能についても追加しています。アップルの新しいミニオンボードタッチスクリーンを使用して、「プロジェクトをすばやくナビゲートして楽器を演奏する」ことができるはずです。

GarageBandのiOSバージョン(現在はバージョン2.2.2になっている)に関しては、舞台裏でのバグ修正や安定性の調整をしているようです。全体的に、アップルのエントリーレベルのユーザー(Macではとにかく)DAWのユーザーには良いニュースです。