Mac用のAppleCare +は、偶発的な被害にも損害補償範囲を拡大 WWDC2017

0
362

Appleは本日、AppleCare +の偶発的な損害補償範囲をMacの製品ラインナップにまで拡大しました。同社はまだ変更を認めていないが、AppleCare +のリスティングはMacの偶発的な損害に対応するようになった。

iPhoneとiPadのAppleCare +と同じように、Macの偶発的な損害の事故には、独自の価格がつけられます。スクリーンの損傷または「外部のエンクロージャの損傷」は1件につき99ドル、水害を含む他の損害は299ドルとなります。

すべてのMacには、限定保証と最長90日間の無料サポートにより、1年間のハードウェア修理サービスが提供されています。 AppleCare for Macは、Macの最初の購入日から3年間の保証期間を延長し、偶発的な損害賠償の事故を最大2回対応できます。それぞれの損害賠償額は、画面の損傷または外装の損傷の場合は99ドル、その他の損傷の場合は299ドルです。さらに、あなたはチャットや電話でアップルの専門家に24時間365日のアクセス権を持てます。

AppleはMac用のAppleCareを提供してきましたが、今までAppleCare +を使用しているiPhoneおよびiPadユーザーには偶発的な損害補償が含まれていました。しかし、今日の拡張により、Macユーザーも水害や物理的な損傷などの場合に、このようなカバレッジを利用できるようになりました。 AppleCare +がなければ、アップルは保証の対象となるこのような損害をカバーしません。

アップルは、Macの機種によってAppleCare +の価格が異なるため、資格を得るためには、過去60日間以内に購入したものでなければなりません。 AppleCare +を適用する前に、マシンは診断テストを受ける必要があります。