AppleのiPadがiOS 11で、大きなドック、ファイルアプリ、ドラッグアンドドロップ、さらに簡単なマルチタスクを実現!

月曜日のiOS 11の発表で、Appleは特別なドック、新しいファイルアプリ、ドラッグアンドドロップサポートなど、新しいiPad向けの変更点を多数明らかにした。

新しいドックは、iOS 10で許可されているものよりも多くのアイコンを表示するMacのようなものです。右のセクションはSiriによって予測されるアプリケーション用にも予約されています。新しいアプリケーションスイッチャーもあります。アイコンをドラッグすると、すぐに2番目のウィンドウを開くことができます。

ドラッグアンドドロップサポートにより、リンクや画像など、一度に複数の項目を選択して移動することができます。これは、iCloudドライブだけでなく、BoxやDropboxなどのサードパーティサービスを含む、階層、タグ、ローカルファイルとクラウドファイルの両方を含むFinderスタイルのインターフェイスを提供する新しいファイルアプリで特に重要になります。

ドック内のファイルをタップ&ホールドすると最近のファイルにアクセスできます。特に、アプリ内のコンテンツはデバイス間で同期されます。

それ以外の場所では、PDFのスクリーンショットを取ると、MailとNotesのマークアップモードが起動し、Apple Pencilユーザーはインライン描画が有効になります。手書きのテキストは、Spotlightと手書き認識で検索できるようになりました。また、NotesはEvernoteのScannableに似た遠近法で文書スキャナーとして機能します。もう1つのApple Pencilの機能はInstant Noteです。これはPencilをタップしてLockscreenからNotesを起動します。

iOS 11のデベロッパー向けのベータ版は、現在入手可能です。パブリックベータは、互換性のあるすべてのデバイスのフリーフォールアップグレードに先だって、月末に到着するはずです。 iPadユーザーは、少なくともAir、Pro、Mini 2、または第5世代のiPadを持っている必要があります。