Apple、iOS 11のiPhoneとiPadを発表‼︎ WWDC2017、 Split Screenアプリ間でドラッグアンドドロップなど!

AppleはWWDC 2017で正式にiOS 11を発表しました!やはり目玉は、噂されていた「Split Screenアプリ間でドラッグアンドドロップ」、新しいDock等でした!

Split Screenアプリ間でドラッグアンドドロップ‼︎

Split Screenアプリ間でドラッグアンドドロップもサポートされるようになりました。 iOS 11のキーボードには、スワイプアップサポートが含まれています。 iOS用のファイルアプリは、iCloudドライブやDropboxなどのクラウドプロバイダと連携する新しいアプリです。

新しいDock

新しいDockには、スワイプしてアプリからアクセスすることもできます。ドラッグアンドドロップは、マルチフィンガーの選択と、イメージやURLを含む多数のフォーマットをサポートします。

Apple Pencilの改善

Apple Pencilには、Safariのマークアップ、スクリーンショットの編集、ロック画面からのインスタントノートへのアクセス、検索可能な手書きのテキスト、入力されたメモ内のインライン描画など、iOS全体でより多くの機能が追加されました。 Notesにも新しい文書スキャナーが得られ、Mailにはインライン描画マークアップ機能が追加されました。

メッセージを中心とした最初の新機能、Apple Pay ピア・ツー・ピア決済登場!!

メッセージはiCloudでも使用できるようになり、メッセージは削除されたメッセージなどを含め同期して表示されます。この新機能は、macOSでも動作し、エンドツーエンドの暗号化も含まれています。 Apple Payは現在iMessageと連携して、ピア・ツー・ピア決済をiMessageアプリとして使えるようになります。

Siriの改善

Siriまた、深い学習によって生まれた新しい声で始まりました。新しい機械学習の改善は、女性と男性の両方の声に適用されます。 Siriは現在、翻訳されたフィードバックや新しい視覚化を含むベータ版の翻訳をサポートしています。 Siriはタスク管理アプリなどで動作し、オンデバイス学習などに基づいた状況に応じて対応します。

Cameraアプリ

AppleのCameraアプリは、共有互換性を損なうことなく、キャプチャ中にストレージを最適化するための優れたビデオと写真の圧縮も行っています。ソフトウェアの変更には、デュアルカメラのiPhone用の新しいDepth APIのような新機能が含まれています。

写真アプリは、機械学習を使用して、スポーツイベントや記念日などの新しいメモリカテゴリ、縦方向の思い出、静止写真の撮影やクリップの繰り返しのようなライブフォトの改善がああります。

iOS 11のコントロールセンター

iOS 11のコントロールセンターは、iOS 10の2つのパネルを1ページレイアウトで再設計されています。3D Touchは、関連するコントロールでパネルを拡張するために使用されます。

ロック画面と通知センターも、1つのインターフェイスとして再設計されています。

アップルマップ

アップルマップは、来るべき都市の数多くのモールの詳細なフロアプランを更新しました。空港は屋内マッピングにも対応しています。速度制限とレーンガイダンスも利用可能です。

運転中の着信音は、Wi-Fi、BluetoothなどのすべてのiPhoneにCarPlayのようなアラートミュート機能を追加して、より安全な運転を可能にする新しいミュート機能です。

HomeKit

HomeKitは、AirPlay 2を使用して複数の部屋のオーディオスピーカーをサポートするように更新されています。 Apple TVは接続スピーカーでAirPlay 2と互換性があり、サードパーティのスピーカー会社はAirPlay 2をサポートできます。

Apple Music

Apple Musicは、開発者向けに新しいMusicKit SDKを取得しています。また、友人が最近プレイしている音楽を共有できるなどの新しいソーシャル機能も含まれています。

App Store

次はApp Storeです。より速いアプリレビュー時間、拡張された無料トライアル、新しいデザインになります。段階的なリリースになり、今年、アプリをリリースする開発者のための新しいオプションがあります。

新しいApp Storeのデザインには、カードを使った、新しいアプリを発見するための新しいTodayビューが含まれています。ゲームは、ゲームアプリ用の専用セクションで、独自のタブを持ちます。このセクションでは、アプリ内購入をハイライト表示することもできます。 Appsには、Classic App Storeの機能を備えたゲームとは別のタブがあります。

アップルは、iOS 11にCoreMLを介して開発者向けに提供される新しい機械学習機能についても詳しく述べている。新しいAPIには、以前はAppleアプリでしか利用できなかった自然言語と顔検出機能が含まれています。

ARKitを通じて開発者にVRの機能も提供されています。これは、iPhoneセンサーを使用して平面、照明、スケール推定などを決定します。 AppleはARKitがiOSを世界最大のARプラットフォームにすると述べています。

ARKitを使用したアプリケーションアップデートには、あなたの環境内のアイテムを視覚化するためのPokémonGoのアップデートとIKEAソフトウェアのアップデートが含まれます。

詳しく説明していない他の機能には、9.7インチのiPad ProでのPodcastアプリケーションの再設計、HomeKit占有率と継続時間トリガー、iCloudファミリストレージプラン、iCloudファイル共有、懐中電灯サポートなどがあります。

10.5インチのiPad Proを導入した後、Appleは現在iPadのiOS 11の機能について詳しく説明しています。 Dockはさらに広がり、予測スロットを含み、App SwitcherはControl Centerなどで完全に再設計されました。

iOS 11は今日、開発者にベータ版で提供され、今月のパブリックベータテスターと今秋の後半にはすべての顧客に提供される予定です。