プレビュー:新しいiPad Proのハンズオン WWDC2017

0
560

今日の前半、アップルはiPad Proの新しいバージョンを発表しました。これは技術的には以前の9.7インチタブレットよりもわずかに大きい10.5インチモデルですが、40%小さいベゼルではるかに大きい画面を提供します。

すべてのハイエンドiPad Proのように、より明るいディスプレイ、新しい64ビットA10X Fusionチップ、そしてリフレッシュレートを向上させるPro Motionと呼ばれるものや、アクセサリのPencilはもっと自然に滑らかに動くなど印象的なハードウェアのアップデートとなっています。

ほとんどの人にとって、最初に質問するのは恐らく、それはどれくらい大きいスクリーンか?ではないでしょうか。

両者を比較するために9.7インチのモデルを用意していなかったが、10インチのiPadが普通のサイズのiPadのように感じられ、12.9インチのiPadと同じくらいの画面に感じられました。

もっと面白いのは、MacOSと同じ、iPad向けの新しいiOS 11マルチタスク機能と新しいドッグです。

iPadの新しいiOS 11について最初に気づくのは、ディスプレイの下部にアプリドックがあることです。これはホーム画面に自動的に表示されますが、アプリ内では画面の下からスワイプしていつでもドックを上げることができます。

ここから別のアプリを画面の横にドラッグアンドドロップしてマルチタスクモードにすることができます。

 

iMessageのように画面の側面にスナップするアプリではなく、フローティングサイドバーとして存在するものもあります。

プレビュー動画はこちらになります。