iOS 11のApple ‘Files’アプリが、WWDCより前にApp Storeに登場

「ファイル」と呼ばれる未発表のアプリ、プレースホルダーリストが、iOS App Storeに登場していたことが発覚しました。月曜日のワールドワイドデベロッパーズカンファレンスよりも数時間前に発見され、ユーザーにiOS 11で直接ファイル管理アクセスを許可する予定であることがわかりました。

開発者のSteven Troughton-Smith氏が、日曜日の遅くに見つけたのは、App Storeの "Utilities"セクションに登場したFilesのリストです。その後、アプリは引き下げられました。

タイトルのアイコンはmacOSで使用されているものに似た使い慣れた青色のファイルフォルダですが、アップルはこのアプリと共に情報を提供していませんでした。今削除されたリスティングから明らかになった話題は、iOS 11および64ビットファイル構造サポートに関する要件です。

推測ですが、ファイルはiOSファイル管理の潜在的な再考を示唆しています。具体的には、アップルはiOSシステムやアプリのファイルに直接アクセスできるアプリをリリースすることになりそうです。

Appleは2007年にiPhoneを発売して以来、ポータブルデバイスのユーザーから、個々のファイルを隠すためにかなりの努力を払い、データ管理を主にアプリやサービスに任せていました。この方法はiOSをシンプルに保ちますが、一部のパワーユーザーは、それが欠点とみていました。

ファイルのアプリリストは、AppleがiOS 11に追加しようとしている今後のシステムアプリのApp Storeプレースホルダーである可能性が高いです。Appleは、iOS 10のホーム画面から自社アプリを削除する機能を導入したが、同社では、デフォルトのアプリケーションをApp Storeでダウンロードできるようにしているので、後でユーザーが選択して再インストールすることができます。

これとは別に、Troughton-Smith氏は、Activitiesアプリのリスティングに気付き、タイトルがiOS 11のリムーバブルアイテムになることをみつけています。