トヨタ支援のフライングカー:2020年オリンピックを目指す

トヨタは徐々にフライングカーの流行に乗り込んできています。少し出遅れていますが、かなり野心的な目標:東京で2020年のオリンピックのトーチを運ぶことを目標に設定しています。

トヨタはこの「スカイドライブ」飛行機を直接開発していません。スタートアップのCartivator Resource Managementに4,250万円(386,000ドル)を投資しました。 Cartivatorの最終的な目標は、たちあがりから飛行までシームレスに移行するフライングカーを作ることです。週末の最初のテストをみると、それは長い道のりになりそうです。

現在のプロトタイプは、8つのプロペラの周りに構築されたアルミフレーム骨格のみから構成されています。それはほとんど飛ぶことはできません。 「ホバーリング」がより適切な表現で、車両は地面から数フィート浮き、数秒間しか浮きません。

これは、トヨタの挑戦の一つです。また、最近では「贅沢なヨット」のコンセプトを明らかにしました。贅沢なレクサスのラインとイルカの滑らかで光沢のあるカーブからデザイン・キューをブレンドしたこのボートは、リゾート海の中の豊かな島を海遊できるように計画されています。

これらはトヨタのポートフォリオの多様化の最新の例の2つにすぎません。トヨタは、ファミリー向けのビジネスを始める際、その中核製品を数回変えてから、最終的に自動車事業に落ち着きました。トヨタは、燃料電池、ロボット、さらには人工知能と色々な開発を行っています。