Bean 3Dプリンタは、高性能で低価格

0
758

カリフォルニア州のKudo3D社は、Beanという名前の高解像度高性能3Dプリンタを設計し、構築しました。コンシューマ市場向けに特別に設計されており、エンドユーザを念頭に置いた信頼性の高い低コストの樹脂製3Dプリンタを提供しています。 「究極の消費者向けSLA 3Dプリンター」と呼ばれ、BeanはKickstarterキャンペーン中に400ドルから入手可能になります。

Bean 3Dプリンタは、サイズが20 x 20 x 40cmで、重さはわずか6.67kgまたは15lbsの本格的なデスクトップSLA 3Dプリンタです。 Beanのような樹脂製プリンタは、より一般的なFDM(Fused Deposition Modeling)プリンタに近い低コストで製造できるようになりました。

3Dプリンタの場合、Beanはかなりスタイリッシュで、持ち運びやすく、洗練されています。また出荷前に事前校正されており、スプリング式セルフレベリングビルドプラットフォームが付属しています。 Beanは現在、ソフトウェアのツールチェーンを使用しており、Webブラウザによって制御されています。同社は、Kickstarterキャンペーンが終了した後、統合されたバージョンの開発を開始すると述べている。

Beanは、Kudo3Dの「ボトムアップ」印刷技術の標準を使用しています。 Kudo3Dは、ボトムアップのSLAプロセスを採用し、印刷物と樹脂容器の層間の分離力を低減する特許取得済みの「パッシブセルフピーリング(PSP)技術」として知られています。

Kudo3Dの創設者であるTedd Syao博士は次のように述べています。

3D印刷は、次の破壊的な新技術の1つと考えられています。しかし、多くの人が使えなければ、新技術は意味がありません。Kudo3Dでは、この問題に対する答えとなることを願っています。常に私たちの使命に関する声明であり、私たちは常にユーザーに最高のものを提供するように努めてきました。新しいプリンタでは、3D印刷業界の進歩に大きな変化が起こると強く信じています。

キャンペーンに1カ月以上残っているBean 3Dプリンタは、すでに資金調達目標を上回っています。 $ 400の誓約でBean 3Dプリンターと樹脂やその他の必需品を始めとするスターターパックを手に入れられます。出荷は2018年1月に開始するとあります。

Bean 3D Printer: The Ultimate Consumer SLA 3D Printer by Kudo3D — Kickstarter 

https://www.kickstarter.com/projects/kudo3d/bean-3d-printer-the-ultimate-consumer-sla-3d-print?ref=home_potd