Microsoft Plannerアプリ、Office 365加入者のために登場

Microsoftは今日、Plannerと呼ばれるiPhone用の新しいタスク管理アプリケーションを発表している。これまではWebアプリケーションとしてのみ利用可能でしたが、Plannerは適切なOffice 365アカウントで作業を視覚的に整理し、チーム間で協力できる機能を提供します。

しかし、iOS向けのPlannerアプリはまだ機能と十分ではありませんが、MicrosoftはOfficeブログで新しい計画、プッシュ通知、Intuneの統合を「今後数ヶ月で」作成することをすでに約束しています。

マイクロソフトは、ウェブアプリソリューションを導入した後のユーザーのフィードバックから、Planner for iOSを作成したと述べています。

現在のPlannerユーザーは、このコンパニオンアプリを使用して、プランナーWebアプリケーションの起動後に聞いたフィードバックに応じて、外出先でプランを表示および更新することができます。 Plannerを初めてお使いの方は、まずtask.office.comにアクセスしてください。 Webアプリケーションで計画を作成すると、モバイル環境でその計画を表示および更新できます。

MicrosoftがPlannerをどのように記述しているかは次のとおりです。

プランナーは、チームワークを構成するためのシンプルで視覚的な方法を提供します。プランナーを使用すると、チームが新しい計画を作成し、タスクを整理して割り当て、ファイルを共有したり、自分が作業していることについてチャットしたり、進捗状況を更新したりすることが容易になります。

– 作業を視覚的に整理する – 各計画には独自のボードがあり、タスクをバケットに整理できます。タスクは、タスクのステータスまたは割り当て先に基づいて分類できます。ステータスを更新したり、割り当てを変更するには、列間でタスクをドラッグアンドドロップできます。

– 可視性 –  [マイタスク]ビューには、すべての計画全体にわたるすべてのタスクとそのステータスの包括的なリストが表示されます。チームメンバーは、計画上で一緒に働く場合、誰が何をしているのかを常に知ることができます。

– コラボレーション –  Office 365用に設計されたPlannerを使用すると、同じタスクで一緒に仕事をしたり、キャプチャした写真を直接写真に貼り付けることができます。 Plannerを使用すると、すべてのチームの議論と成果物がプランに残り、異種のアプリケーション間でロックされることはありません。

– デバイス間で動作 –  Plannerはすべてのデバイスで動作します。 Plannerでは、誰もが常に同じページにいます。外出先や机の上で会話や更新作業を続けます。

Microsoft Planner for iPhoneは、App Storeで無料で利用できます。 Plannerは今日からAndroid用にも利用可能です。対象となるOffice 365アカウントには、「エンタープライズE1-E5、ビジネスエッセンシャル、ビジネスプレミアムおよび教育サブスクリプションプラン」が含まれます。

マイクロソフト社は最近、To-Doと呼ばれるiPhone版のWunderlistの最初のプレビュー版を発表し、Mac版とiPad版を約束した。